来シーズンから日本代表MF香川真司が所属するドルトムントの監督に就任することが決定したトーマス・トゥヘル氏が、古巣である同代表FW岡崎慎司所属のマインツから数名のスタッフや選手を引き抜く可能性が浮上した。21日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

トゥヘル

 同紙によると、最も可能性が高いのは、現在もマインツのスカウティングを担当しているベニー・ヴェーバー氏のようだ。トゥヘル氏と強固な信頼関係で結ばれているヴェーバー氏がドルトムントへ移籍する確率は95パーセントだとしている。

 そして、次に可能性が高いと見られているのはU-21ドイツ代表MFヨハネス・ガイスだ。しかし同選手はまだマインツとの契約を2年残し、さらに21歳と若いため、移籍金は1200万ユーロ(約15億3600万円)ほどかかると模様だ。また、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケなど他のクラブも獲得を目指していることから、『ビルト』は移籍実現の確率を60パーセントと推測した。

 同紙は他にも韓国代表MFパク・チュホを35パーセント、岡崎を20パーセント、マインツとの契約を2018年まで延長したGKロリス・カリウスを15パーセントと記している。

全文を読む


 ボルシア・ドルトムントは19日、ユルゲン・クロップ監督の後任としてトーマス・トゥヘル氏を次期監督に迎えることを発表した。昨年5月までマインツで指揮を執っていた同氏だが、早くもFW岡崎慎司を含む当時の「弟子たち」の獲得を狙っているとの噂が浮上している。

 ドイツ『ビルト』は、トゥヘル氏がマインツから数人の選手たちをドルトムントに連れて来る可能性があると伝えた。ターゲットとして岡崎、MFヨハネス・ガイス、DFパク・チュホ、GKロリス・カリウスの名前が挙げられ、それぞれドルトムント移籍の可能性が分析されている。

 マインツと2016年までの契約を結んでいる岡崎に関しては、次のような分析だ。

「マインツのクリスティアン・ハイデルGM(ゼネラルマネジャー)は彼の国内移籍をほぼ完全に否定している。ドルトムントは1000万ユーロをはるかに超える移籍金を支払わなければいけないだろう。移籍の可能性は20%だ」



『ビルト』が移籍候補とした選手4人の中で、最も可能性が高いと見ているのは21歳のガイス。マインツと2017年までの契約を結んでいる中盤の有望株だが、国内外の数多くのクラブから熱視線が送られているようだ。高額の移籍金が予想されるが、ドルトムント移籍の可能性は60%と高めに予想されている。

 韓国代表DFパク・チュホに関しては、トゥヘル氏はハンブルガーSV(HSV)と接触した際に同選手の獲得を勧めたことがあったという。ドルトムントが迎える可能性は35%だとされている。また、「トゥヘル氏の愛弟子ではない」若手GKカリウスを獲得する可能性は15%との見通しだ。

 トゥヘル氏と同じく元マインツのクロップ監督が2008年夏に就任した際にも、ドルトムントは監督の元教え子たちを複数獲得している。同年にはマインツからDFネヴェン・スボティッチと、HSV経由で元マインツFWモハメド・ジダン(現在無所属)が加入。翌年にはMFマルクス・フォイルナー(現アウクスブルク)、2010年夏にはカールスルーエを経てMFアントニオ・ダ・シルバ(現役引退)が加わった。

 果たして今回も当時のような動きがあるのだろうか。それぞれの契約状況の違いやリーグ内の勢力図の変動があったため、マインツの主力4人を獲得する場合の移籍金は3500万ユーロ以上だと『ビルト』は伝えているが…。

全文を読む