サッカーの巨大産業化、有力クラブのグローバル化が急速に進んでいる。欧州にサッカービジネスの強力な「極」が形成されている中で、アジアのリーグはどんな道を歩むことになるのか。サッカークラブの経営に精通した米ミシガン大学のステファン・シマンスキー教授(55)にサッカービジネスの現状と将来について語ってもらった。

レアル バルサ

■少数のビッグクラブがタイトル独占

 「世界のほとんどのリーグで1つ、もしくは2つ、3つのクラブが独占的な力を持っている。イングランドではマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル。スペインではレアル・マドリードとバルセロナ。イタリアではユベントス、ACミラン、インテル・ミラノ。ドイツではバイエルン・ミュンヘン。実は人口5万人のフェロー諸島のリーグでもHBトースハウンというクラブが長い間、タイトルを独占してきた。小さなリーグでも同じことが起きている」

 「その一方で、世界のすべてのリーグに経営危機に陥っているクラブがある。イングランドではこの30年に70クラブが破綻、もしくは清算に向けた法的手続きに入った。もちろん、イタリアにはたくさんの同様の例があるし、フランスでも1974年以降に80クラブ、クラブ経営が健全といわれるドイツでも85年以降に80クラブが経営危機に陥った。より小さなリーグはさらにひどい状況にある」

■厳しい自由競争、クラブ収入にも直結

 「世界のサッカーリーグは、野球のMLB、アメリカンフットボールのNFL、バスケットボールのNBAなど米国のプロスポーツのようにチーム数が定まった、閉じられたリーグとは構造が違う。サッカーリーグには昇格・降格があり、新しいクラブが常に入れ替わる。誰でもクラブを新しくつくって、上のリーグを目指せる自由な状態にある。その分、常に激しい競争が行われている

 「もう一つのポイントは、いい選手を高いお金で買えば好成績に結びつき、クラブは成功するということ。チームの成功はお金で買える」

 「優勝を重ねて成功しているクラブには必ずファンがつき、入場料収入、テレビ放送権収入、スポンサー収入が増える。選手補強にお金を使えばリターンがあり、その資金でまた、いい選手を買ってチーム強化に充てられる。逆に、勝てなければ営業収益は激減する」

 「サッカー市場がこのように機能しているから、世界のサッカーリーグには共通して独占と経営危機が同時に起きる」

■戦力補強、一般企業の広告宣伝に相当

 「清涼飲料水の世界市場のシェアはコカ・コーラとペプシが合わせて70%を占めている。それは両社が巨額の広告費を使っているから。人は名前を知っている商品を買いたがる。ただし、この独占的な立場を維持しようと思ったら、巨額の広告費を使い続けなくてはならない」

 「サッカークラブが独占を維持するには、コカ・コーラが巨額の広告費を使い続けているように、選手獲得に巨費を投じ続けなくてはならない

 「マンチェスターUなどビッグクラブは海外の市場に乗り出し、グローバル化を進めている。イングランドのプレミアリーグなど独占的なリーグ、独占的なクラブは世界中のファンを引きつけている。それは特別な選手がプレーしているから、つまり、それだけのお金を選手獲得に投じているからです」

マンU

■Jリーグ、一定の成功も考え方に問題

 「Jリーグがプレミアリーグに対抗しようと思ったら、同じだけのお金を使わなくてはならない。お金を失っても痛くも、かゆくもない投資家を見つければいいだけのこと」

 「世界のサッカーリーグでは収益を上げているクラブはほとんどない。チームが優勝という成功を収めても、収益はあがらない。チェルシーやマンチェスター・シティーのオーナーである資産家は巨額を投じ、数々のタイトルを取って成功しているが、彼らに金銭的なリターンはない。投資で成功=タイトルを買ったにすぎない。しかも勝ち続けるには投資を持続しなければならない」

バイエルン

 「マンチェスターUは収益を出しているが、バルセロナ、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンは収支がとんとんの状態。ほとんどのクラブのオーナーがお金を失っている」

 「欧州サッカー連盟(UEFA)の調査によると、欧州の主要リーグの700クラブの50%が損失を出しており、6分の1のクラブが倒産寸前にある。サッカークラブとはそういうものなのです」

パルマ

 「資産家がサッカークラブを持つのは、クラブを『トロフィー・アセット』と考えているからだ。クラブを保有することで名前が売れ、ステータスが上がり、誇りを得られる資産と考えている。Jリーグが人気を高めたいなら、見返りがなくてもクラブに大きな投資をしてくれる人、または企業を見つける必要がある」

■資産家多い中国、リーグ成長の好機

 「中国リーグは絶対に成長する。中国には資産家が多いので、トロフィー・アセットとしてクラブを持つ金持ちが出てくるだろう。習近平国家主席がサッカー好きで、ワールドカップ(W杯)を開催したがっている。国際サッカー連盟(FIFA)もそれは歓迎する」

 「私なら、こう構想する。中国の5クラブ、日本の4クラブ、韓国の2クラブ、それにインドネシア、タイ、ベトナムに1クラブずつでリーグを編成する。これなら可能性がある。日本は国内で4人の金持ちを探せばいいのです」

■J、スター選手獲得で魅力アップを

武藤

 「まずは先行投資が必要ということです。地球上には投資をせずに稼げるビジネスはない。それがあるなら私も始める」

全文を読む